ダイエット通信TOP>ダイエット方法>ウォーキングダイエット

ウォーキングダイエット

健康的なダイエットを考えると、食事を制限するものではなく、運動をメインにしたものが良いと言えるでしょう。
運動を大きく二つに分けると、有酸素運動と無酸素運動になります。
瞬発力や筋力を短期間で鍛えるのには無酸素運動が向いていますが、ダイエットには有酸素運動が向いています。

そして有酸素運動を有効に取り入れたものでお手軽なものと言えば、一番にウォーキングが挙げられます。

自分の体力に合わせてウォーキング

ウォーキングは全身運動としては1番ムリがなく、スポーツ経験のない人でもすぐに始められます。

効率よくカロリーを消費しようと思うと、ウォーキングダイエットの際に、以下の事を気をつけます。
1.背筋を伸ばして歩幅を普段歩くより広げ、腕を大きく振る
2.少し腰をひねるようにして早足で歩く。
3.かかとから着地し、つま先で地面をけり出すようにする。

無理をせずに1日15分くらいから始めて、慣れてきたら30分から1時間くらいに増やしていきましょう。
脂肪は運動開始後20分しないと燃焼しないといわれるので、止まらないで歩くよう心がけます。

姿勢に気をつけてウォーキングしよう

姿勢を正して歩くことで、効果がさらにあがります。 また、少し息が上がるくらいのスピードが理想です。 しかし、決して無理はしないようにしましょう。 ウォーキングダイエットは持続することが大切で、早く歩くことが目的ではないからです。

早起きして早朝にウォーキングをされる方を見かけますが、朝は血糖値が低い方は、効果があまり望めないのでおすすめしません。自分の都合のいい時間に、無理なく長続きさせましょう。